ホームページの見積もりの前にやっておきたい3つのこと

ホームページの見積もり依頼をする前に

「お店や会社にホームページがあるのは当たり前」

最近では一つのステータスとして捉えられることもあるホームページ。 持っているのが当たり前、持っていなければ「どうしてホームページ持っていないんだろう? このお店はちょっと信用しづらいな・・・」 なんて思われても不思議ではない時代になりました。

またホームページをちゃんと持っていた場合でも、その中身にまでしっかりと気を配らねばなりません。 お客様があなたのお店や会社のことを調べようとホームページを訪問した時に、 情報が分かりづらい、情報が少ない、見栄えが悪いなどということがあった場合、お客様の信用を失ってしまいます。 同時にあなたにとってのビジネスチャンスを失うことにもなりかねません。

せっかくホームページを作成するのであれば、訪問してくださるお客様にきちんと知りたい情報の提供をし、 自社サービスの魅力を伝えられるサイトでなければ意味がありません。

効果のあるホームページを作るために何を準備したらいいのか。 ここではホームページの見積もりを依頼する前に、できれば知っておきたい3つのポイントを紹介します。

1.作りたいホームページのイメージを具体的にしておこう

まずは、自分にはどんなホームページが必要なのか。 それをできるだけ具体的にすることが大切です。 お客様からよくあるのが「いまどきホームページぐらいないといけないと思って。知り合いの同業者もこないだ作ったって言ってたし。え、どんなホームページにするか?・・・どうしよう?」というような声。

作りたいホームページのイメージが全くないまま見積もりを依頼しても、制作会社も提案に困ってしまいますし、 そんなあやふやな状態で作成を開始しては完成物のクオリティも心配になってしまいます。 完成してから「こんなはずじゃなかった・・・」なんて悩んでしまうことにならないよう、しっかりとビジョンを持っておきましょう。

(a) 目的を明確にする

どんなホームページにも必ず目的があります。 飲食店のホームページであれば、お客様に店内や料理メニューの魅力を伝えて来客してもらうこと。 建設会社のホームページであれば、お客様に信用を与えてお問い合わせをしてもらうこと。 ネットショップであれば、お客様に商品をアピールして購入してもらうこと。 ホームページの業種と形態は様々ではありますが、必ずどんなホームページにも目的があるはずです。

まずは「自分のホームページで何をしたいのか、何を獲得したいのか」を考えてみましょう。 そうすれば、おのずとホームページのビジョンが浮かんでくるはずです。 目的を考えるには、誰に、何を、というふうにひとつひとつを考えてみることが有効です。

【 誰に? 】

そのホームページはいったい誰が見ることになるのか、ターゲットを思い浮かべてみましょう。 男女は? 年齢層は? 近隣の方なのか遠方の人なのか。 新規のお客様なのか、リピートのお客様なのか、もしくは身内なのか。

【 何を? 】

そのホームページに訪れる人に何を与えたいのか、もしくは何をしてほしいのか、ということです。 お店や会社の情報をお知らせしたい、イベント情報をお知らせしたい、お問い合わせをもらいたい、 予約を受け付けたい、商品を販売したい、仲間の中で情報を共有したい、などがそうですね。

(b) 目標を立てる

ホームページの目的がわかったら、次は目標を立ててみましょう。 「ホームページから月に予約を10件獲得する」や「売上1割増を達成させる」など。 ホームページを作る前だとどれぐらいの目標設定が現実的であるかは判断が難しいとは思いますが、これはあくまで目標であって、達成できるかどうかは二の次で構いません。 目標があって目指すものが決まっていると、そのためにどうしたらいいかを具体的に考えやすくなります。

(c) 競合会社のホームページをチェックしてみる

同業他社がどんなホームページを作っているか検索してチェックしてみましょう。 そのサイトを訪れたお客様がそのホームページを見て、いったいどう感じるのか。 このデザインはいいな、このレイアウトは使いづらいな、など良い部分と悪い部分があると思いますが、 これからホームページ制作を考えるときにはそれらは貴重なサンプルです。

(d) 自社の強みと弱みを分析する

ホームページは自分たちのサービスをアピールする場所です。 たとえば就職面接なども自己PRの場ですが、それとイメージが近いかもしれません。 自分たちのサービスの長所と短所を洗い出し、お客様にどういったアピールをしてそれを伝えるべきか。 それがホームページに掲載する内容に直結します。

2.ホームページの制作相場を把握しておこう

ホームページ制作費用っていったい?

ホームページというのは一種のデータです。 目に見えて形があるわけではありません。 じゃあホームページの制作費用っていったい何なんでしょうか?

実はホームページ制作費用のほとんどは人件費が占めています。 どれぐらいのレベルの技術者が、どれぐらいの人数で、どれぐらいの時間をかけて完成させるか、これによってホームページの制作費用が決まってくるわけです。 ざっくりと式にすると、次のように表すことができます。

 ホームページ制作費用 = 技術者の単価 × 人数 ×時間

つまり必要技術レベルの高いホームページを依頼したり、ボリュームの多いホームページを依頼したりすると、必然的に見積もり金額も上がってくるわけですね。 逆にページ数を削減したり、テンプレートデザインを選択したり(デザインの手間が減るので作業時間が減らせる)すれば金額は抑えられる傾向にあります。

ホームページには維持費用もかかる

ホームページ制作費用はホームページを作るための費用ですが、それを持ち続けるための維持費用も必要になります。 ドメイン費用、サーバー費用は必ずかかりますし、希望するのであれば更新サポート費用、SEOサポート費用などもそこに含まれてきます。 内容によりますが、数千円から数万円かかる場合もあります。

ホームページの相場ってざっくりいくらぐらい?

ここまで説明したとおり、ホームページの相場は内容とボリュームによりけりです。 制作会社次第という部分もあるので一概には言えませんが、目安としては以下のとおりです。 自分たちが考えるホームページをイメージして見積もり相場と照らし合わせてみましょう。

【~10万円】

超低価格帯。 この価格帯のホームページだとページ数は極少のテンプレートデザインがほとんどです。 少し変わったことをやろうとすると追加料金が発生してしまうことも。 制作作業においても自身でやらなければいけない部分があったり、 その場合は「ホームページ作成を依頼する」というよりは「格安ホームページサービスを利用して自分で作る」という形に近くなってしまうこともあります。

【10~50万円】

低価格帯。 5ページ~20ページ程度のシンプルなサイトであれば大体はこの価格帯に収まってきます。 個人経営の店舗や中小企業であればおそらくこのラインで十分かと思います。 ただしあまり複雑な機能を盛り込むことは望めません。

【50~100万円】

中価格帯。 ショッピングカート機能を備えたネットショップだったり、独自の検索システムや予約システムを導入したりすると、こういった金額帯の見積もりになってきます。

【100万円~】

高価格帯。 ページ数が非常に多いかなり大規模なホームページだと100万円を超える見積もりが出てきます。 不動産情報を探すようなポータルサイトもこの価格帯に含まれてきます。 特別な機能を持たせれば持たせるほど費用は膨れ上がってくるので、規模によっては一千万を超えるような金額に到達することもあります。

自分たちが作りたいホームページがどれぐらいの金額になるかをざっくりと目星をつけ、 実際にどれぐらいの金額に収まると理想的なのか、質を求める場合どれぐらいなら予算超過できるのか。 そのあたりの算段を立てておくと良いでしょう。

3.見積もりは複数社で取ろう

作りたいホームページのイメージが固まり、概算予算が決まったら、その次は制作会社選びです。 同じホームページの見積もり依頼を出したとしても、ホームページ制作会社が複数あれば、まったく同じ見積もり金額の提示があるわけではありません。 制作会社によってどんなホームページなら対応できるかの得意不得意があり、設定金額にも差が出てくるのは当たり前のことです。

ただし、ホームページの制作会社は日本全国に山ほどあります。 「どの会社にどういう特徴があるのかなぁ」 「制作会社ひとつひとつを調べている時間もない・・・」 こういったお悩みの声はよく聞きます。

相見積もりを依頼するときには、だいたい3社から5社ぐらいの数で検討することをおすすめします。 少なすぎても最適な制作会社を見つけられる可能性が少なくなってしまいますし、多すぎても対応に追われて大変です。

ホームページ一括見積もり.COMでは

当サイトでは、お客様のご要望をお聞きして、その要望にマッチングする最適な制作会社を最大5社までご紹介します。 これによりお客様のほうで一から制作会社を探す手間を軽減することができますし、 さらに当サイトから複数社に一括でお客様の要望をお伝えすることで、お客様が一社一社に何度も要望を伝える手間もなくすことができます。

当サイト「ホームページ一括見積もり.COM」での見積もりお申し込みは完全無料です。 ホームページの複数社への一括見積もりをご希望の際は、ぜひともご利用くださいませ!

お見積もりスタート




お見積もり依頼スタート

初めての方必見!ホームページ見積もり講座


登録業者を一部ご紹介

  • [STEP1]郵便番号を入力-

PAGE TOP