ホームページの種類その3.ポータルサイトって何?

ホームページの種類その3.ポータルサイトって何?


ホームページの中にはポータルサイトと呼ばれるものがあります。ポータルサイトという呼び名だけでは、一体それがどういうものなのかピンと来ないかもしれません。でも実はポータルサイトは私たちがインターネットをする中では非常に便利で身近な存在です。

このページではそんなポータルサイトについて詳しく説明していきましょう。

ポータルサイトとは?

ポータルは「入口」や「玄関」という意味を持ちます。つまりポータルサイトはインターネットにおいて「入口や玄関になるサイト」ということ。インターネットの利用者は欲しい情報を探してネット上を巡回するわけですが、その際に「スタート地点となるようなサイト」をポータルサイトと呼んでいるのです。


ポータルサイトはインターネットの玄関になるサイト


「スタート地点となるようなサイト」とはどのようなサイトでしょうか?

有名なところでいえば、GoogleやYahooがそうです。検索機能を備えており、メール機能が使えたり、ニュースが閲覧できたり、天気が見れたり、電車を調べられたり、インターネットで何かをしたいときの起点の役割を果たしています。インターネットで何かをするときには、まずはGoogleやYahooのトップページから、という方も多いのではないでしょうか?

これらは「スタート地点となるようなサイト」の役割をしっかりと果たしていると言えるでしょう。このようなサイトをポータルサイトと呼んでいるのです。

ポータルサイトの種類

ポータルサイトにもその目的に応じて様々なものがあります。


1.総合的なポータルサイト

さきほど前述したGoogleやYahooなどがこれにあたります。ほかには@nifty、So-net、BIGLOBE、OCNのようにプロバイダサービスが運営しているポータルサイトも数多くありますね。ジャンルを幅広く網羅していて、何をするときにもまずこういったポータルサイトにアクセスすることで目的の情報までたどりつきやすくなります。

Yahooのサイトを例に見てみましょう。一番見やすい位置に検索窓が設置され、その下には大きくニュースが掲載されています。左側にはショッピング、オークション、旅行予約、ホテル予約、株価情報、ゲーム、地図、グルメサイトなどへのリンクが羅列されています。右側にはメールや天気予報、広告などが表示され、画面の下のほうには注目のコラムやプロ野球の試合結果まで表示されています。

情報への道のりがそれぞれしっかりと集約されていて、インターネットを巡回するときのスタートページにするには本当に便利な構成になっています。

総合的なポータルサイト



2.ジャンル特化型のポータルサイト

特定のジャンル(業種)のみに特化したポータルサイトです。

有名なところではグルメに特化した、食べログ、ぐるなび、ホットペッパーなどがそうですね。飲食店がジャンルや地域ごとにまとめられ、人気のお店、話題のお店の情報がすぐにわかります。予約ができたりお得なクーポンが発行できたり、お店へのアクションも起こしやすい非常に便利なポータルサイトです。

住宅情報に特化したポータルサイトではSUUMOや、アットホームズ、HOME'Sなどがあります。エリアや間取りなどの条件を元にカテゴリ分けがされていて物件を探す際にはとても便利ですよね。

ほかにもブログの記事を集めたものや、美容健康情報などのクチコミを集めたものなど、様々なものがジャンル特化型ポータルサイトに含まれます。

また、ジャンル特化型ポータルサイトには人と人を結びつける目的が強いものが多いのもひとつの特徴です。不動産ポータルサイトでは物件を探している人と不動産屋を結びつけますし、就職支援ポータルサイトでは仕事に就きたい人と求人募集をしたい企業を結びつけます。婚活サイトなども同様ですね。こういったポータルサイトはマッチングサイトとも呼ばれています。

ジャンル特化のポータルサイト



3.地域特化型のポータルサイト

特定の地域に特化したポータルサイトです。

たとえば京都であれば、e京都ねっと、京都で遊ぼう、などの観光案内サイトがあるように、それぞれの地域の情報を集約したポータルサイトが多くみられます。都道府県や市区町村が運営する公式ページなども、そういった意味では地域ポータルサイトに近いと言ってよいかもしれません。

地域特化のポータルサイト



4.団体用ポータルサイト

会社の中だけで運用するような限定されたポータルサイトも存在します。社員のみにアクセスが許されていて、社内情報を閲覧・共有する目的で運用されます。機能はその会社によってさまざまですが、社内情報を共有したり、勤怠情報を管理したり、会議室の予約をしたり、給与明細を確認したり、休暇などの各種申請の手続きをしたりと、多様な目的で運用されていることが多いようです。

同様に大学などでも教員や学生用に学内ポータルサイトを用意していて、学内通達事項や休講情報などを共有しているところも多くあります。

団体用のポータルサイト


ポータルサイトの特徴

ポータルサイトは膨大な情報を扱っています。そのため高いレベルで完成されたポータルサイトは利用者にとって非常に有意義な場合が多く、アクセスも通常のサイトにくらべて膨大な数が集まります。

そのため情報の掲載を希望する企業からは掲載料を頂いたり、会員制にしてユーザーから利用料をいただくような運用をすることも可能です。

しかしそれだけにサイトの構築はもちろん、管理・運営も非常に大変で、かかってくる経費も相当なものになります。また、すでにニーズのあるジャンルは大手企業が作り尽くした感があるので、いまから後発で似通ったポータルサイトを作っても軌道に乗せるのは非常に困難なのも事実です。

まとめ

ポータルサイトはユーザーにとって有益でアクセスも集められるサイトですが、運営手腕が問われるサイトでもあります。相当に練られた運営ビジョンを持った上で制作に取り組まなければ、「多額の費用をかけて誰も利用しないさびれたサイトを作ってしまった」という結果で終わってしまうことにもなりかねません。実際、有名なポータルサイトの陰では数えきれないぐらいの中小ポータルサイトが集客に失敗して消えています。

当サイトでもポータルサイトを作成できる制作会社のご案内は可能ですが、作成依頼の際にはしっかりとした運用計画を持ってご検討ください。




お見積もりスタート

お見積もり依頼スタート

初めての方必見!ホームページ見積もり講座


登録業者を一部ご紹介

  • [STEP1]郵便番号を入力-

PAGE TOP