ホームページの種類その1.コーポレートサイトって何?

ホームページの種類その1.コーポレートサイトって何?


一口にホームページと言っても、ホームページには様々な種類があります。ここではホームページの中でもっとも代表的なもの、コーポレートサイトについて解説していきましょう。

コーポレートサイトとは

コーポレートは「会社」という意味を持ちます。つまり、コーポレートサイトは「会社のホームページ」ということ。コーポレートサイトは、会社情報や提供しているサービスの内容などを詳しく掲載して、お客様にしっかりと伝えていくことを目的にしたホームページなのです。

ちなみにこれは会社に限らず、一般的な個人経営の店舗でも同様です。たとえば飲食店であれば、お店の特色、メニュー、所在地や電話番号などをホームページに掲載してお客様に伝えたいかと思います。つまり「自分たちの情報をお客様に伝える」という点では会社であってもお店であっても同じですよね。

そのためホームページ制作においては、会社のホームページに限らず、店舗のホームページの場合においても「コーポレートサイト」という呼び方をする場合が多くみられます。

ひとまず「コーポレートサイトは会社やお店のホームページ」という認識でOKです。


コーポレートサイト

コーポレートサイトってどんなもの?

コーポレートサイトといっても、TOPページ1枚だけで作られているサイトもあれば、100ページを超えるような大きな規模のサイトもあります。基本的には、多くの事業を扱っている大企業であればあるほどサイトの規模は大きくなりやすく、逆に中小企業や個人経営の店舗であれば数ページ程度でおさまるケースが多くなります。

コーポレートサイトに掲載する内容はその会社によって様々ですが、大きく分類すれば

  • 1.会社(店舗)情報
  • 2.扱っているサービスの案内
  • 3.アクセスやお問い合わせ先

のように3つに分けられます。


1.会社(店舗)情報

「会社(店舗)情報」では、自分たちそのものについての情報を掲載します。会社のホームページであれば、資本金、設立年月、代表者名などの基本情報を掲載したりしますね。またときには社長のメッセージを掲載したり、社員の紹介をしたりすることもあります。店舗のホームページであれば、お店の基本情報のほかに、外観や内装(写真)、営業時間、スタッフ紹介などを掲載したりします。


2.扱っているサービスの案内

「扱っているサービスの案内」では、どんな仕事をしていてどんなことをお客様に提供しているのかを掲載します。コーポレートサイトの中でも一番お客様にPRしたいページになるので、ボリュームも必然的に多くなってくるのが一般的です。

会社であれば「こんな魅力的な商品を作っています」「こんな素敵な商品を販売しています」「こんなにお得なサービスを行っています」などの情報を掲載します。またお店であれば「とてもおいしいランチメニューを出しています」「こんなに素敵なヘアカットができます」など、自分たちのサービスの強みを掲載すると良いでしょう。

自分たちが提供しているサービスの魅力を惜しみなくPRして、お客様に興味を持ってもらうことがこのコンテンツの一番の目的になります。


3.アクセスやお問い合わせ先

「アクセスやお問い合わせ先」は、自分たちに興味を持ってもらえたお客様にアクションを起こしてもらうためのページです。足を運べるようにお店の場所を知らせたり、連絡をもらえるように電話番号やメールアドレスを知らせたり、お問い合わせや予約ができるようにフォームを設置したりします。



つまりコーポレートサイトは、

「会社(店舗)情報」にてお客様に自分たちを知ってもらう

「扱っているサービスの案内」にてお客様に自分たちのサービスに興味を持ってもらう

「アクセスやお問い合わせ先」にてお客様にアクションを起こしてもらう

という役割を持っているのです。

コーポレートサイトのもう1つの役割

コーポレートサイトの役割はさきほど書いたとおりですが、もうひとつ大事な役割があります。それはお客様からの信用の獲得です。

インターネットが身近になった世の中、わからないことがあればすぐにネットで検索して調べるのが当たり前となりました。検索をした人たちにしっかりと情報を伝えるために、会社や店舗がホームページを用意することも当たり前になりつつあります。

初めて取引をする会社には、商談前にまず間違いなく取引相手にホームページをチェックされるでしょう。その際にホームページを用意していなかったら自社事業をアピールできないばかりか、「いまどきホームページも持っていないのか」と信頼を損ねてしまうことにもなりかねません。

「名刺代わりのホームページ」という言葉もありますが、企業間の取引においてはホームページを持っていること自体の重要度がどんどん上がっています。

ホームページ制作に無料サービスを利用するのはおすすめできない


まとめ

なんとなくコーポレートサイトのイメージがつかめたでしょうか?

世の中に存在するホームページの大半はこのコーポレートサイトに分類されます。実際、当サイトで見積もりのお申込みをされるお客様の中でも、およそ7割程度がコーポレートサイトを希望されています。

お客様の信用と問い合わせを獲得するためのコーポレートサイト。もしいま会社のホームページやお店のホームページを持ちたいとお考えであれば、ぜひご検討ください。




お見積もりスタート

お見積もり依頼スタート

初めての方必見!ホームページ見積もり講座


登録業者を一部ご紹介

  • [STEP1]郵便番号を入力-

PAGE TOP