いまさら聞けない!CMSって何?

C・M・Sっていったい何?

最近はホームページの話をしていると、CMS(シー・エム・エス)という単語をよく耳にするようになりました。

 「ホームページはCMSで作ったほうがいいよね」
 「CMSだと更新が楽ちんで助かる!」

みんな当たり前のように話しているけど、シーエムエスっていったい何? どうやらホームページを作るためには便利なものらしいけど、全然イメージがわかない。。。

ここではいまさら聞けないCMSについて、わかりやすく説明していきます。

CMSとは

CMSは、Contents Management System(コンテンツ・マネジメント・システム)の略です。えーっと、コンテンツを、マネジメントする、システム・・・・? やっぱりよくわかりませんね。

ホームページにおけるコンテンツとは「ホームページに掲載する内容」になります。たとえば飲食店のホームページであれば、お店の名前だったり、お店の紹介文だったり、メニュー表だったり、お店の写真だったり、地図だったり。ホームページに載せてお客様に伝えたい内容すべてが「コンテンツ」になります。

「マネジメント」は日本語にすると管理という意味。

つまり、CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)はホームページに掲載する内容すべてを管理できるシステムのことなのです。

CMS(シーエムエス)とはコンテンツマネジメントシステム

CMSなしでホームページを作るのはとても大変

本来ホームページを作る作業はとても大変です。

もし、今あなたがパソコンでホームページを見ているのであれば、画面の何もないところでマウスを右クリックしてみてください。「ページのソースを表示」という項目をクリックすると・・・

ホームページの中身はHTMLという言語でできている

このように、英語がいっぱいで意味のわからない、まるで悪魔の呪文のようなものが表示されますね(苦笑) そう、これがホームページの正体なのです。

この複雑な呪文のようなものはHTMLと呼ばれていて、コンピューター言語のひとつです。ここにはコンピューターにホームページを理解させるための命令文が書かれています。この命令文を受けたコンピューターが、ホームページを私たち人間の目にきれいに整って見えるようにしてくれているわけです。

しかし、見ての通りこの命令文をひとつひとつ書いていくのは大変です。もちろん詳しい知識がなければいけませんし、ちょっとした書き方の違いでホームページの見え方は大きく変わってしまいます。思い通りのホームページを作るには、かなりの知識と根気と時間が必要なのです。

そこで注目を浴び始めたのがCMS(シ-エムエス)

とても大変なホームページの作成作業。それを少しでも軽減させ、管理も簡単に行えるように開発されたのがCMSなのです。

CMSは、HTMLなんていうややこしいコンピューター言語のことを知らなくても、画像の配置や文章の配置を直感的に行ってホームページを作ることができます。ページとページ同士のつながりも管理できますし、ある程度デザインテンプレートが用意されているCMSがほとんどなのでゼロからデザインする手間も省けます。またデザインは全ページをまとめて管理ができるので、変更したいときも1ページずつ手修正する必要もなく簡単に一括で行うことができます。

CMSはホームページの作成も、管理も、更新も、すべてを簡単にしてくれる画期的なシステムといえるでしょう。

CMSのおかげでホームページ制作が簡単になった

CMSにはどんなものがあるの?

CMSにはいろんな種類があります。有料だったり無料だったり、企業向けだったり一般向けだったり。アメブロのようなブログサービスもCMSに含まれます。

そんな中でやはり一番有名なCMSはWordPress(ワードプレス)ですね。日本に限らず世界中で多くの人に使われています。専門知識があれば新しいデザインや機能を自分で作成し全世界に公表できるのが大きな特徴で、世界中の開発者たちが日々新しい機能を追加してくれているのがWordPressの大きな強みです。制作会社の多くがWordPressを使ってホームページ制作を行っており、今後もホームページ制作には欠かせないツールであり続けるでしょう。

CMS(シーエムエス)の一番の代表であるワードプレス

CMSを使うメリット・デメリット

とにかく便利なCMS。「じゃあホームページ作るならCMSで決まりだね!」と思ってしまいそうですが、ちょっとだけ待ってください。やはりどんなものにもメリットとデメリットがあるものです。CMSの種類によって違いもありますが、おもに下記のようなメリット・デメリットがあります。


【CMSのメリット】

  • ・HTMLの知識がなくてもHPが作れる
  • ・デザインテンプレートが最初からあるのでゼロから作らなくて済む
  • ・デザイン修正が発生したときに、全ページ一括で修正できる
  • ・後からページの追加や更新がしやすい
  • ・最初からいろんな機能がついている(問い合わせフォームなど)
  • ・スマホからでも更新できる
  • ・正しいHTML構造になりやすいので検索エンジンに優遇されやすくなる

【CMSのデメリット】

  • ・初期設定をするのに知識が必要
  • ・管理画面の使い方に慣れるのに時間がかかる
  • ・テンプレートそのままだとオリジナル性がなくなる
  • ・細かいデザインや機能にこだわりたいときは専門知識が必要になる

非常にメリットが多くて便利なCMSですが、自力で動作環境を準備したり初期設定をしたりするのが難しい点が大きなネックですね。完成したものの使い方を教わる場合はかなり簡単に操作ができますが、ゼロから自分の力だけで作り上げる場合はそれなりに勉強が必要になることは覚えておきましょう。

まとめ

C・M・Sのおかげで制作費用も安くなる

ホームページを作るという作業は、とても多くの時間と労力がかかります。それをできる限り簡単にしてくれたのがCMSです。制作会社もCMSを利用することによって作業量を抑えて、制作費を安くすることができ、その結果として私たちは低価格でホームページを持ちやすくなりました。これからもCMSはどんどん進化して、ホームページをより私たちにとって身近な存在にしてくれるでしょう。

当サイトでも、CMSを使える制作会社を多数ご紹介できます。難しい初期設定はもちろん、オリジナルデザイン作成など、先ほど書いたようなCMSのデメリット部分はプロである制作会社に任せれば問題ありません。ホームページ完成後に必要になってくる更新作業も、自分たちでやりやすい状態まで制作会社がちゃんと作ってくれるので安心です。お見積りの際には「CMSで作りたい」と一言お添えください!




お見積もりスタート

お見積もり依頼スタート

初めての方必見!ホームページ見積もり講座


登録業者を一部ご紹介

  • [STEP1]郵便番号を入力-

PAGE TOP